FX 超低金利政策

経済指標が為替レートにどのような影響を及ばすのかということについて亨又てみたい。まず、為替レートに一番強いインパクトを及ぼすものは何かと考えると、やはり米国の通貨政策が挙げられる。

上ヒゲがないか、下ヒゲよりも短い陰線。価格は下がったが売り手は少ないため、上昇傾向があります。上ヒゲがないか、下ヒゲよりも短い陽線。価格が上がり、売り手も少ないため、上昇の可能性があります。

買いから入る取引でスワップポイントを狙うことが多い。売りから入る取引には不向き。INZドル=900円。10万NZドルを購入(資金90万円)。10万NZドルを売却。*表「スワップの例」は1万通貨あたりの数値なので、しばらくお金を使わないから、スワップポイントを狙おうスワップの例(1万通貨単位・1日あたり)。注)スワップポイントは変動します。

特にFOMCにおけ乙利ヒげに関する発言では、「慎希なペースで超低金利政策を解除できる」の「慎重なペースで」という文言がいつ外れるかということに注目が集まりました。それ以外にもインフレ懸念を示す文言がないか、景気後退を示す文言がないか、など、議長証言は重箱の隅をつつくかのように、あれこれと分析されるのです。